おすすめ焼酎ランキングTOP5~麦焼酎 減圧蒸留編~

焼酎といえば芋焼酎を思い浮かべる方も多いと思いますが実は麦焼酎もとても人気があります。麦焼酎は味わいによって大きく2種類にわかれるといわれています。すっきりと水のように楽しめる麦焼酎か「麦チョコ系」ともいわれることがある香ばし系の麦焼酎の二手にわかれます。プレミアがついている麦焼酎は香ばし系のものが多いのですがこの二つの麦焼酎の違いとは何でしょうか。

すっきり系麦焼酎と香ばし系麦焼酎の違い

すっきり系麦焼酎と香ばし系麦焼酎の味の違いは蒸留方法によってわかれるとされています。すっきり系麦焼酎は、「減圧蒸留」という蒸留方法で蒸留されることが多く、香ばし系麦焼酎は「常圧蒸留」という蒸留方法で蒸留されることが多いとされています。それでは「減圧蒸留」や「常圧蒸留」とはどのような蒸留方法なのでしょうか。

減圧蒸留と常圧蒸留

減圧蒸留や常圧蒸留とはその名の通り、蒸留時に圧力を減圧して蒸留をするのか、そのままの状態で蒸留するかの違いです。そもそも、蒸留とは発酵させた液体を温め気化し冷やすことによってアルコール濃度をどんどん高めていく製造方法です。アルコール濃度を高くしてくには水とアルコールの沸点の違いを利用します。水は100℃で沸騰しアルコールは78℃で沸騰すると言われています。この温度差を利用して濃度の高いアルコール液を抽出していきます。減圧蒸留とはこの蒸留の際に気圧を下げて蒸留を行うことにより水やアルコールの沸点が下がります。沸点が下がると蒸留自体の時短になり、早く蒸留ができると雑味の元となる成分が抽出されにくくなる為、クセがなく味わいもスッキリした焼酎が出来あがります。もう一方常圧蒸留はそのままの気圧で蒸留を行うことにより、雑味といわれがちな旨味成分もしっかり抽出されます。このことにより、複雑で濃厚な味の焼酎が出来上がります。それでは、今回はすっきり系麦焼酎のおすすめTOP5をご紹介したいと思います。

麦焼酎おすすめランキングTOP5~減圧蒸留~

5位 中々(なかなか)
株式会社黒木本店(宮崎県)白麹

のみくちはあっさりしていてするっと口当たりも良いのですが後からしっかりしたコクが感じられます。麦の上品な香りとしっかりした味わいは減圧蒸留ですが濃厚さを感じさせます。特にロックや水割りなどにするときりっと感が際立ち食中酒にするには最適です。
4位 二階堂吉四六(にかいどうきっちょむ)
二階堂酒造有限会社(大分県)白麹

麦焼酎二階堂をベースに長く貯蔵させることで旨味とまろみ、芳醇な香りを最大限に引き出した麦焼酎です。減圧蒸留法で蒸留されているため、クリアで雑味のない味が熟成されることによりクリアな味わいの中にも凝縮された旨味を感じることができる逸品です。

一時期大ブームになり、入手困難!もはやプレミアか?と噂された吉四六ですが最近では安定して流通しているようです。
3位 つくし 白ラベル
西吉田酒造株式会社(福岡県)黒麹

減圧蒸留で蒸留した焼酎に古酒をブレンドすることによりすっきりと綺麗な味わいの中に奥深さがでています。口当たりは甘みを感じるほど柔らかいのに後味のキレの良さが秀逸です。
2位 麦焼酎 なんじゃかんじゃ
瑞鷹株式会社(熊本県)白麹

水がきれいなことでも有名な阿蘇の伏流地下水を100%使用した味わいはまるみと優しい甘味を感じさせます。また独自の技術の超低温減圧蒸留で雑味を残さず澄み切った味わいに仕上げることに成功しました。バランスが良くスムーズに飲むことができる焼酎です。

1位 焼酎 やばの古城
久保酒造(大分県)白麹

丸麦を減圧蒸留で仕上げ飲み口の良さと軽さは残しつつも、麦の旨味や香ばしい甘味はしっかり感じることができます。上品な香りと味わいの余韻が心地よくついつい飲みすぎてしまうおいしさです。プレミアではないのですがあまり販売しているところが少ないので見かけたら是非一度お試し下さい。

減圧蒸留の麦焼酎の特徴はなんといっても飲み口の良さと味わいのきれいさです。焼酎初心者の方でも十分に楽しんで頂けるので焼酎飲んでみよう!と思われる方は減圧蒸留のものからはじめられても良いのではないでしょうか。