おすすめ焼酎ランキングTOP5~芋焼酎 黒麹編~

芋、麦、米、黒糖など色々な種類の焼酎がありますがやはり人気があるのは芋焼酎ではないでしょうか。クセがあると嫌煙される方もいらっしゃいますが、イメージだけで飲んだことがないという方も結構いらっしゃるようです。実は面白い話があって、焼酎の販売員さんがベテランさんからビギナーの方みんなでブラインドで焼酎の飲み比べをしたことがあったそうです。その際に、香ばし系の麦焼酎と、クセの少ない芋焼酎で少し香ばしい味わいのものを間違える方が結構いたそうです。このように、人間の味覚は結構思いこみによるところが大きいのも事実です。ですので、ぜひ、イメージだけで芋焼酎を嫌煙されている方がいらっしゃったら一度飲んで見られるとおいしさの世界が広がるかもしれません。今回は芋焼酎では特に特徴がでやすい麹別でランキングをご紹介したいと思います。

麹とは

芋焼酎の原料は、芋・麹・水、この三種類です。3つしか原料がないシンプルな造り方なので麹が大切なことはお解りいただけると思います。芋焼酎の味わいの違いはこの麹によることが大きく、好き嫌いもわかれやすいところとなっています。

麹別の特徴は?

一般に芋焼酎で使われる麹は「白麹」「黒麹」「黄麹」です。麹だけでいうと元々黒麹があり、黒麹の突然変異で白麹が生まれたといわれています。白麹と黒麹を比べると大きな特徴は「すっきり柔らかい」か「どっしりと濃厚」かに分かれます。白麹がふんわり上品で優しく、黒麹はどっしりと骨太で濃厚な感じです。黄麹は日本酒の製造でよく使用される麹で、香りは華やかで味わいはフルーティ。三種三様の違いがそれぞれあります。

それでは、芋焼酎の「黒麹」のおすすめランキングをご紹介したいと思います。

芋焼酎おすすめランキングTOP5~黒麹~

5位 黒伊佐錦
大口酒造株式会社(鹿児島県)黄金千貫 常圧蒸留

華やかな香りと濃厚なコクが人気の芋焼酎です。しっかりした甘味も感じられるので地元鹿児島ではお湯割りが人気。現在の黒麹ブームを作ったのがこの黒伊佐錦といわれるほど、黒麹の芋焼酎の代表的な銘柄です。
4位 黒麹かめ壺仕込 貴匠蔵(きしょうぐら)
本坊酒造株式会社(鹿児島県)黄金千貫 常圧蒸留

黒麹を使用し甕壷で仕込むという薩摩の芋焼酎の伝統的な造りで仕上げた芋焼酎です。甕壷仕込み独特の風味の豊かさと味わいのまろやかさが黒麹の濃厚さと相まって絶妙のおいしさです。ロックにすると味わいのキレが良くなるのでロックで飲むのもおすすめです。
3位 角玉(かくたま)
有限会社佐多宗二商店(鹿児島県) 黄金千貫 常圧蒸留

人気の芋焼酎不二才を造る佐多宗二商店のレギュラー焼酎です。どっしりとした深い味わいと濃厚さを感じる反面喉ごしはとてもスムーズ。後味もスッキリしているのでついつい飲みすぎてしまう芋焼酎です。
2位 黒霧島
霧島酒造株式会社(宮崎県)黄金千貫 常圧蒸留

黒麹芋焼酎の人気を確固たるものとしたのがこの黒霧島だといわれています。とろっとした濃厚な甘味とクセのないまろやかさ。のど越しも綺麗なので女性にも大変人気があります。この綺麗さの理由は霧島裂罅水という天然の湧き水を仕込み水や割水に使っているからです。芋焼酎の初心者から上級者まで納得する味わいが黒霧島にはあります。
1位 純黒(じゅんぐろ)
田村合名会社(鹿児島県)黄金千貫 常圧蒸留

プレミア焼酎ではないのですが、地元優先の為あまりお目にかかれないのがこの芋焼酎純黒です。一次仕込みを甕で行い味わいに深さと奥行きを持たせ、二次仕込みはタンクで行うことでキレの良さや余韻のきれいさを造りだします。甘いお菓子のような香ばしい甘い香りとさらっとした後味良さが合わせる食事を選びません。まさに食中酒としての焼酎の役割を十分に果たすことのでkしる芋焼酎です。

このように、「黒麹」の芋焼酎は濃厚さと後味のキレのよさ、どっしりとした味わいが特徴です。お好みの1本をランキングを参考に探してみてはいかがでしょうか?