おすすめ焼酎ランキングTOP5~芋焼酎 白麹編~

焼酎には芋、麦、米、黒糖など色々な種類がありますがやっぱり焼酎といえば芋焼酎が好き!という方も多いのではないでしょうか。入手困難とされている3M「魔王」「森伊蔵」「村尾」もすべて芋焼酎です。主に、九州の南部で生産されている芋焼酎ですが、造られている蔵の特色がとても出やすいとされています。芋焼酎がお好きな方はそれぞれご贔屓がありお気に入りの銘柄もあると思います。今回は特に特徴がでやすい麹別におすすめランキングをご紹介したいと思います。

焼酎で使われる麹について

焼酎でよく使われる麹は「白麹」「黒麹」「黄麹」です。もともと芋焼酎は「白麹」で造られていました。「黒麹」は諸説ありますが、沖縄の泡盛の流れで鹿児島に入ってきたと言われています。「黄麹」に関しては日本酒の製造で使われる事が多いのですが芋焼酎「魔王」の人気により最近では芋焼酎造りにもよく使われています。
それぞれどのような違いがあるの?
「白麹」の特徴は、味わいが柔らかく優しい味わいですっきりしている中にもきれいな味わいがあるといわれています。もう一方「黒麹」は骨太でどっしりしており味わいにも深みや余韻がしっかりあります。濃厚で甘味さえも感じられる味わいです。「黄麹」に関しては華やかな香りやフルーティさ飲んだ印象の軽やかさがあるといわれています。

それでは、芋焼酎の「白麹」の人気ランキングをご紹介したいと思います。

芋焼酎おすすめランキングTOP5~白麹~

5位 なかむら
なかむら酒造場(鹿児島県)黄金千貫 常圧蒸留

掘りたての芋を大甕にいれて仕込む「純手造り」という製法で仕込む蔵元のレギュラー酒です。やさしい味わいとすっきりした味わいは飲めば飲むほど旨さが広がる芋焼酎です。
4位 伊佐大泉(いさたいせん)
大山酒造合名会社(鹿児島県)白豊/黄金千貫 常圧蒸留

すっきりとした飲み口とクセのない柔らかさは全国焼酎コンクールの全焼酎部門で一位を獲得したことで実証されました。お湯割りにすると上品な甘味が引き立ち後引くおいしさです。
3位 三岳(みたけ)
三岳酒造株式会社(鹿児島県屋久島)黄金千貫 常圧蒸留

世界遺産にも認定された屋久島で造られる芋焼酎。バナナのような甘い香りと芋の甘味がしっかり感じられます。さすが南国の芋焼酎です!
2位 たちば
株式会社黒木本店(宮崎県)黄金千貫 常圧蒸留

「天使の孤独」や「中々」などの人気焼酎を造っている黒木本店の焼酎です。黒木本店には㐂六(きろく)というプレミアの芋焼酎がありますが、たちばなは黒木本店のレギュラー(地元優先で販売されている焼酎)焼酎です。芋焼酎特有の甘い香りがしっかりと感じられ、お湯割りや水割りにしても味がのびません。芋焼酎の香りとかすかに麹の香りが感じられ濃厚ですが上品な味わいです。
1位 小鹿(こじか)
小鹿酒造株式会社(鹿児島県)黄金千貫 常圧蒸留

鹿児島の芋、鹿児島の水にこだわり地元の方からも愛されている芋焼酎です。味がかわると地元の方から御叱りをうけるというお話も。ふわっとした甘い香りと、上品ですっきりとした甘さはお湯割り、ロック、水割りとどんな飲み方にも合わせられる懐の広さを感じられます。地元優先の為、その年の在庫が少なくなると県外出荷を控えるため、ある意味ではプレミア焼酎よりプレミアかもしれない、そんな芋焼酎です。

このように、「白麹」の芋焼酎は柔らかい味わいと上品な香りが特徴です。ぜひ、ランキングを参考にお気に入りの芋焼酎を見つけて頂ければと思います。