【入手困難】佐藤酒造の焼酎佐藤は白と黒どっちがおすすめ?

飲食店などでも人気の佐藤酒造の焼酎佐藤には白ラベルと黒ラベルがあるのをご存知でしょうか。黒いラベルと白いラベルの焼酎佐藤。同じ焼酎佐藤ですが、味わいは全く違います。そして実は佐藤には麦焼酎も存在します。意外と知らない、焼酎佐藤について詳しくご紹介したいと思います。

焼酎佐藤とはどんな焼酎?

焼酎佐藤を製造しているのは佐藤酒造有限会社という鹿児島県霧島市にある明治39年創業の蔵元です。もともと「さつま」という芋焼酎を作っていました。蔵自体は大きくなく、こだわりを持って丁寧に焼酎を造るという姿勢から生産量が限定されてしまい、佐藤酒造の焼酎は入手困難とされています。今では焼酎佐藤の製造元として圧倒的な人気の蔵元ですが、実は昭和45年~昭和59年までは蔵を休業していました。いろんな困難を乗り越えて今の佐藤酒造有限会社があります。そんな佐藤酒造有限会社を人気の蔵元に導いた焼酎佐藤。焼酎佐藤は当初「一九会」という酒販店のPB銘柄として発売されました。実は「一九会」とは裁判にもなった焼酎佐藤からみの事件もあったのですが、紆余曲折を経て現在の焼酎佐藤があります。佐藤酒造有限会社の焼酎造りの肝は水にあるといわれています。霧島山系の清らかで天然の甘味のある湧き水で造られることにより、原料である芋の旨味や味、香りを最大限に引き出す事ができるとされています。焼酎佐藤のような飲みやすいだけではなく、飲みごたえや味わいもしっかりありつつ上品さや良質な芋の風味を壊さないように焼酎を造るには湧き水という自然の力がとても大切な要因だとされています。それでは、焼酎佐藤の白ラベルと黒ラベルは何が違うのでしょうか。

焼酎佐藤の白と黒の違い

焼酎佐藤の白と黒の違いは、使用している麹の違いです。もともと芋焼酎造りには白麹が使用されていましたが近年の焼酎ブームの火付け役の「黒霧島」の台頭により黒麹ブームが沸き起こりました。白麹と黒麹では味わいが全く違います。焼酎佐藤ではどのような違いがあるのでしょうか。
焼酎佐藤の白ラベルの味わい
白麹を使用すると焼酎の味わいにまろやかさとどっしりとした旨味を感じることができます。穏やかでマイルドな味わいはお湯割りにすることで甘味が引き立ちます。地元鹿児島で芋焼酎をお湯割りにする方が多いのは地元では圧倒的に白麹が人気だという事実があります。ふんわりと香る芋焼酎の香りが優しいのも白麹の特徴です。焼酎佐藤の白ラベルは黒ラベルに比べると少しマイルドで柔らかく感じられます。落ち着いた旨味と芋焼酎らしい甘い香りは女性にも人気があるのもうなずけます。
焼酎佐藤の黒ラベルの味わい
黒麹を使った焼酎佐藤の黒ラベル。黒麹らしい、どっしりと力強い味わいです。後味には切れの良さがあり最初に芋の風味をしっかり感じる割に後味はきれいです。旨味をしっかり堪能するためにもロックか濃い目の水割りがおすすめです。白麹に比べると少しクセは感じられますが芋焼酎好きにはそんなところも堪らないといえます。

焼酎佐藤の麦ってなに?

実は、焼酎好きの方ならご存知だと思いますが焼酎佐藤には麦焼酎があります。香ばし系、麦チョコ系と呼ばれる味わいがしっかりあるタイプの麦焼酎です。流通が少ないため見つけたら是非一度お試し下さい。しっかりした味わいは芋焼酎好きでも満足する濃厚さです。ロックもおいしいですがお湯割りもおすすめです。

居酒屋さんなどでよく見かける焼酎佐藤ですが、流通量が少ないため定価で入手するのは困難です。焼酎佐藤を飲みたい場合は飲食店で飲まれることをおすすめします。鹿児島から焼酎を取り寄せている飲食店なら比較的安価で焼酎佐藤を楽しむことができます。その際は是非、白ラベルと黒ラベルを飲み比べても面白いと思います。