簡単にできる焼酎の基本的な飲み方5選

焼酎の基本的な飲み方

一つの焼酎でも、飲み方一つ変えれば味や口当たりが別物の焼酎のように変化します。今回は焼酎の飲み方として、これだけは知っておくべきである基本的な飲み方をご紹介いたします。

1.水割り・お茶割り

たっぷりの氷が入ったグラスに焼酎をそそぎ、水やお茶をゆっくり加えていく「水割り・お茶割り」が、焼酎の基本的な飲み方として有名です。グラスに氷を入れないのでしたら、水をそそいだ時に自然と水と焼酎が混ざりあうので、マドラーで混ぜる必要はありません。

使う水は、水道水ではなくミネラルウォーターが良いでしょう。ミネラルウォーターの中でも特に軟水がおすすめです。国内のミネラルウォーターはほとんど軟水であるため、コンビニでも購入できます。

お茶ならば、ウーロン茶などよりも緑茶を使う方が多いです。ウーロン茶は味の区別があるお茶であるため、使われる際は「ウーロン茶割り」と言うようにお茶割りと別にされます。

水と焼酎の比率などに決まりはありませんので、自分で飲みながら調節し、飲みやすいバランスを見つけてください。スタンダードは割り方としては、焼酎6:水4で割った飲み方が有名です。

2.オン・ザ・ロック

水割りやお茶割りの次に有名な飲み方が「ロック」です。ロックグラスに一つ大きい氷を入れて、あとは焼酎だけそそぐ飲み方です。焼酎が持っている本来の香りや風味を味わえる飲み方であり、飲み始めは焼酎そのものの味が強く出ますが、氷が溶けていくうちに濃い目の水割りのような口当たりを楽しめます。

ロックの美味しい飲み方のポイントとしては「ロックグラスをあらかじめ冷やしておく・市販のおいしい氷を使う・焼酎をそそぐときは優しく氷に当てながら」とこの3点を気を付ければ、本格的なロックを飲めるでしょう。

3.お湯割り

冬の寒い夜に大人気のお湯割りは、水割りの水がお湯になっただけと思われがちですが、実は割り方も変わるので注意してください。お湯割りは、先にグラスにお湯を注いでから焼酎をそそぎます。これは、先にお湯を注いでからぬるい焼酎をそそぐことで、熱すぎずすぐに飲めるお湯割りが作れるためです。

お湯割りの基本的な飲み方として、まず湯気の香りから楽しみましょう。使うお湯は熱湯ではなく、70度程度のお湯が丁度良い熱さです。グラスは耐熱容器であるかしっかり確認してから使いましょう。

4.ストレート

ご存知の方も多いと思いますが、ストレートは氷などを使わずに焼酎そのものの味のみを楽しむ飲み方です。焼酎は様々な原料で全国各地で作られているお酒であるため、その種類も莫大な数があります。ストレートは、焼酎の作られた風景や風土など、焼酎の個性を素直に受け止められる飲み方です。焼酎本来の味を楽しみたいのならば、まずストレートで飲んでみることをおすすめします。

5.前割り

ストレートやロック、水割りに比べて通な飲み方である前割りは、焼酎をあらかじめ水で割っておき、1番寝かせる飲み方です。事前に水で割っておくため前割りと呼ばれます。前割りすることによって焼酎と水が馴染み、まるで二つが最初から一つだったかのようにまろやかな口当たりとなります。寝かせるときは冷蔵庫に入れて一晩置きましょう。冷えた状態でそのまま飲んでも良いですし、寒い日は温めて飲んでも美味しい飲み方です。

好みの飲み方を見つけることが大事

今回は基本的な飲み方のみを紹介しましたが、焼酎の飲み方は人によってそれぞれで飲み方一つで個性が見えるものです。まずは基本的な飲み方で飲んでみて、自分が本当に美味しいと思える飲み方を見つけることが、お酒を楽しむコツです。

焼酎の種類について

焼酎の種類で一般的なものは麦・芋です。この様な焼酎の種類は、原材料によって決まります。さらに、蒸留方法、仕込み方法によって、味は細かく枝分かれをしていくのです。

好みの焼酎を見つけるために重要となる、焼酎の種類や種類ごとの特徴などを紹介します。

甲類と乙類の違い

焼酎の種類を分ける上で、最初に分類される甲類と乙類。

高類は純度、乙類は香りを重視したアルコールで作られています。

蒸留方法によって分けられるものです。

それぞれに芋や麦、米などの材料が加わることで、更に種類が分かれています。

甲類焼酎と乙類焼酎と別名

甲類焼酎の特徴は、アルコールの匂いが薄く、飲みやすいことが特徴。無色透明であり、サワーなどに用いられることが多い種類です。

乙類焼酎は「本格焼酎」とも呼ばれる種類。

焼酎の風味を感じることが出来る種類の焼酎です。

芋や麦など、その素材の風味を生かすことが出来る種類の焼酎。

ジュースや炭酸などで割ることなく、ストレートで楽しむことがおすすめの種類です。

本格焼酎には、黒麹、黄麹、白麹の3つが使用されます。

この麹ごとに、味や香りには差があるのです。

黒麹は重みのある味、黄麹は日本酒にも使用され、爽やかな香りになります。白麹は最も軽い味になるのです。

味と香りが特徴の焼酎

代表的な芋焼酎と麦焼酎。芋焼酎は、さつまいもを使用するため、味は甘いです。口の中に程よくまとわりつく口当たりが特徴。産地としては、鹿児島県が有名です。

芋焼酎に使用されるさつまいもの品種が変わることで、様々な味の焼酎が作られています。

炭酸、お湯などで割ることで飲みやすくなります。味が濃いことで、割っても薄くなる印象はなくお酒を楽しむことが出来るでしょう。

麦焼酎は、クセがないため飲みやすいことが特徴。

アルコールの香りに慣れていない方や、焼酎を飲み始めたばかりという方におすすめの種類です。

麦の香ばしい香りを楽しむことが出来るため、割らずに楽しむこともおすすめです。

シンプルな飲み口の米焼酎

米焼酎の特徴は、すっきりとしていて非常に飲みやすいという点。

麹も米であるため、材料は大きく分けると水と米だけという事になります。

日本酒に似た飲み口でもあるため、日本酒が好きな方には人気の種類です。

地域の焼酎

地域の焼酎の種類として有名なものは、泡盛。

沖縄で作られており、黒麹とタイ米を使って作られている米焼酎になります。

度数には幅があり、25度~40度まで。

アルコール度数に関係なく、強く独特な香りが特徴です。

そば焼酎は、甘みが特徴。飲みやすく、食事にも合わせやすい種類です。

他にも、ゆず、アセロラ、シソなどを使用した焼酎が注目を集めています。

割って飲むことでカクテルの様に楽しむことが出来るため、大変人気となっているのです。

増え続ける焼酎の種類

主に甲類、乙類から始まり、芋・麦・米といった種類が一般的です。

近年では、さらに飲みやすいように進化した焼酎が増えてきています。

フルーツを使用した焼酎や、野菜を使用した焼酎。ピーマンなどを使用した焼酎まで発売されています。

まず焼酎の基本的な種類を知る事で、焼酎の好みを定めることが出来るでしょう。

飲み口や味を参考に、飲み比べをしてみてください。

焼酎の飲み方の種類

こんなにあった!焼酎の飲み方

数年前にブームが起こって以来今ではビールと同じように居酒屋などで浸透している焼酎ですが、まだまだ飲み方がわからなかったり独特な香りへの苦手意識を抱いている方が多いのもまた事実です。今回はそんな苦手意識を少しでも克服出来るように定番の飲み方から意外と知られていない飲み方をご紹介いたします。

水割り

大き目の氷を入れたグラスに焼酎を注いだ後、お好みの濃さになるように水を調整してよくかき混ぜます。まろやかで柔らかい味を楽しんでいただけます。レモンや梅干しを添えても口当たりがさっぱりして楽しんでいただけます。

割る比率の黄金比は焼酎6:水4で、「ロクヨン」と言われ、アルコール度が15度になり日本酒の燗とほぼ同じになり、旨味や甘味が増したまろやかな味になります。

基本的に甲類焼酎以外であればどのタイプでも美味しく楽しむ事が出来て、食中酒としても最適です。

ロック

焼酎本来の味と香りを楽しむことが出来ます。初めはストレートのように強い味で、後半になると氷が溶けて水割りのようにまろやかになっていきます。

なるべくコンビニで売っているロックアイスなどの大き目の氷をグラスに用意して、氷にあてるように注ぐ事で香りが一層引き立てる事が出来ます。

水割りと同様にどのタイプでも美味しく頂けますが、アルコール度数の高い原酒や本格焼酎はロックでゆっくりと味わう飲み方が適しています。

お湯割り

手順が水割りと逆になりますが、お湯を先に湯呑みに注ぎ湯気とまろやかな香りを楽しむ事が出来ます。梅干しをつぶしても風味が立って美味しくいただけます。

寒い時期に暖かい飲み物で落ち着きたい時にお薦めしたい飲み方です。どのタイプでもマッチしますが、一番適しているのは香りと甘みが一層引き立つ芋焼酎タイプです。

ソーダ割

ウイスキーを炭酸で割った「ハイボール」は今や定番のドリンクになっていますが、近年では焼酎のソーダ割も人気の飲み方になってきています。

炭酸で割る事で香りが立ちながらも口当たりが爽やかで普段焼酎を飲み慣れていない、苦手意識をお持ちの方でも楽しめる味わいになっています。

また、カットレモンやミントを加えるとカクテル感覚で楽しむ事も出来るのでお洒落なパーティーなどでも楽しむ事ができるでしょう。

ソーダ割には麦全般、米焼酎が適しています。

~番外編~

近年では定番の飲み方だけではなく、少し珍しい焼酎の飲み方もブームになってきています。

コーヒー割

ロック割の上にコーヒーをお好みで入れる飲み方です。コーヒーの香ばしさが麦焼酎と特にマッチして、アイスコーヒーのように美味しく頂けます。焼酎独特に香りが苦手という方もコーヒーの香りが中和して飲みやすくなっております。

また普段甘いコーヒーを好まれる方でしたら、角砂糖やガムシロップを加えたり牛乳を混ぜてミルクコーヒー風味にするのもお薦めです。

金魚

ロック割に赤唐辛子と大葉を入れる飲み方です。大葉が水草、赤唐辛子が金魚に見えることから命名されてスパイシーな飲み方を楽しめます。お好みに合わせて水割りでも美味しく頂けます。また、大葉の代わりにキュウリを入れると「カッパ」と呼ばれる飲み方に変化します。

辛口なので、揚げ物などの濃い目の料理とよく合います。

まとめ

今回はごく一部の紹介でしたが、他にも様々な飲み方があるのでシチュエーションや気分に合わせて今後より一層焼酎を楽しんで頂けたら幸いです。

また焼酎はウイスキー同様に蒸留酒であるため糖質ゼロでカロリーも低いため、ダイエット中の女性や糖質を気にされている男性の方にも是非楽しく飲んでいただきたいお酒です。

もしこの記事を読まれましたら、一度焼酎を体験されてみてお好みの飲み方や好きな焼酎を見つけるのも一つの楽しみかもしれません。